蒼城の小説連載ブログ@不定期

不定期でオリジナル小説の連載をしていきます。

琥珀色の部屋 #1 目覚めた少女

琥珀色の肌

第一章 冷凍された過去

 電流が走ったような痛みを感じて、飛び起きて、慌てて息を吸った。肺の中に酸素が無かったかのように一ノ瀬アキラは、何度も音を立てて呼吸を繰り返した。

 彼女の目に入ってきたのは、手術台にあるような9つの電球がついた位置が変えられる照明器具。呼吸が落ち着いてきたころに、自分自身が危険な状態かもしれないと脳が気づいた。手術台のような台に乗っている自分向かって、槍の形をした機械が向けられていて、今まさに電流がばちばちと音を立てて先端に溜まっている。ひっ、と体をビクつかせるとびちゃびちゃと水が落ちて跳ねる音がした。台の上と床の上は水たまりが出来ていた。

 感電してしまう。また、怯えた。しかし、感電死といったものは杞憂な考えだったようで、槍状のものは天井へ機械音と共に引っ込み、眩しいと感じていた照明器具も、明かりが消えて、天井の窪みへ収まった。部屋は手術室のように清潔感のある白基調であったが、彼女の目の前には腰の高さと天井の間にある大きな鏡があり、先程見たものと台以外何もない部屋だった。

『はじめまして、ジェーン・ドゥ。混乱しているのはわかるし、同情もしているが、もう暫く辛抱してくれ』

 鏡がある方から少年の声がする。声が高いとかではなく、本当に子供の声だ。大人の落ち着きが違和感をアキラに感じさせる。

『同じくはじめまして。私はシャルロットよ。今のはクヌギ博士って名前で立派な成人のおっさんだけど、貴女の混乱は分かるわ。痛みはないから、その台の上でじっとしててね』

 同じく方向から声がするが、今度は大人の女性の声だった。自然と身を出来るだけ守るように、胸の前に無意識に手を持っていたアキラは鏡に向かって頷く。

『今、生体スキャンをするから動かないでね』

 向こうからこちら側が見えているか、頷きを確認したところで、今度は天井からソフトボール程の大きさの浮遊する物体が6個出てきて、目のようなレンズから青白いライトを浴びせ、アキラの周りをくるくる回る。続いて赤いライトを出して、上から下にかけて上下に浮遊した。

『あと血液検査にも協力してくれ』

 少年の方、クヌギ博士が追加の要求をしてくる。言葉を発する直前と後で、カチとボタンのような切り替えの音がする。

『ごめんなさいね。クヌギ博士が念は念を入れてってことで』

 浮遊物体が天井に戻ると、それに合わせて床からアームが伸びてきた。アームの先にはアキラの太ももくらいの太さの装置が着いていて、アキラの目の前に来るとワニのように上下に開いた。

『チクッとするけど、利き手を前に出して』

アキラは全力で首を振った。得体の知れないものの前に右手を出す気にはなれなかった。足に何かされても敵わない、と伸ばされていた足を引っ込めて、台の上で身を縮こませる。

『ただの採血だ。ほら、上手く出来たら飴やるから利き手を出せ』

『飴だなんて子供じゃないんだから』

『注射が怖いだなんて、子供だ。私の娘なんて、母親になるまで飴と引き換えに注射を受けていたぞ』

注射?これが注射?アキラの知っている注射はこんなワニみたいな機械に入れるものじゃない。曲がり曲がっても、こんな機械は血圧を測る時だろう。

「ちゅ、あ、じゃ…あ」

文句を言おうとしたが、声を出しにくかった。まるで喉が錆びついてしまったかのよう。声を出そうとして、うまく声が出ず、咽て何度も咳をする。

『無理に声を出さない方がいいわ。長い間使っていなかったから』

「大丈、夫。……注射器はこんな形してない」

がらがらの声で文句を言うと、暫く考えるような沈黙があった。

機械が1度閉じて、また開くと奥から蛇腹になった管に繋がっているが、アキラが見知った注射器の先端とメモリの付いた容器が見えた。

『これなら近い?』

「は、はい」

『じゃあ、腕を捲くってね。これは指先じゃなくて腕から採血するものだから』

まだマシ、まだマシ。とアキラは必死で唱えながら、着ていた制服の袖を二の腕まで捲り上げる。肌を晒した瞬間、問答無用で刺さる注射器。脈を探したり、アルコールを含ませた脱脂綿で拭ったりするが、アキラの知っている過程を飛ばしてぶっ刺された。

『はい、終わり』

注射器が機械の中に収納されて、口が閉じ、また開いて今度は。

『ほら、飴だ』

レモン色の棒付きキャンディを持った小さなアームがアキラの目の前に差し出された。

「き、いろ……」

合成着色料の鮮やかな黄色だったが、アキラにとってやけに映えた色に見えたのはこの部屋が真っ白だったに違いない。

 

 

SF小説 デイウォーカー #1 不老なるもの

#1 不老なるもの

私が住む都市の西側には、ウォールと呼ばれる壁がある。呼ばれる、とは変化もしれないが、「あの壁」と言えば子供でも知っている、唯一の壁のことである。
高さ4メール程の壁で、警護隊が24時間体制で見守っている。

幼学校時代に習った世界史で、ドイツのベルリンにかつてあったベルリンの東西を分ける壁があったが、それは悪しき考えで立てられたのに対して、ウォールは"守るため”に存在する。あの老いて、右足を引きずりながら杖をついていた女の先生は、「壁よりこちら側の人間を守るために、建てられた」と言っていた。

そう言えば、あの歴史家の先生は義足をつけなかったのだろうか。少なくとも私が学校を卒業するまでの9年間は義足のままだった。科学否定派の人間ではなかったのに、先生は義足をつけはしなかった。

「ちょっと、君!」

突然、ガシッと斜め上の後ろから肩に手を置かれて、捕まえられた。意識が少し現実から逸れて、後ろから何度も呼ばれたのに私は気づかなかったようだ。

私を捕まえた相手は、新しく入ったのか、見覚えのない夜間警備員だった。

「なんの悪戯かわからないけど、子供がこんな夜中に出歩いちゃ駄目じゃないか」

「……あー、と」

どうしよう。

と、思案する。研究に熱中して椅子に釘付けになったあまり、体がばきばきになってしまい、その運動に、と研究棟内を歩き回ったのがいけなかったのだろうか。いや、悪くない。他の学生、研究生、教授ともに夜中に徘徊しても怒られていない。流石に奇声をあげていた書生は捕まったが。

「こちら、タカギ。子供が校内を歩いていたので保護しました」

ヘッドセッドでつけられた無線に、連絡を入れる。僥倖。相手が屈んでいることをいいことに、肩に飛びついて、ヘッドセッドの向こう側にいる相手に聞こえるように声を荒げていった。

「保護されてない!私は、バイオ科学のアオバ=クヌギだ。誰かこの若造に、私のことを説明してくれ!」

ノイズの入った笑い声が聞こえた。眼の前にいるタカギとかいう警備員は、私が怒鳴ったせいで耳を抑えている。

『その人は、お前の親父と同い年ぐらいの年齢だぞ。いいから、クヌギ教授のことは。残りの見回り頑張れ』

「え、は?」

「君が私の受け持つ学生なら、遺伝子矯正についてレポート30枚を課すところだが、勘弁してあげよう」

警備員の先輩の声と、教授と名乗る少年に困惑したままの警備員を残し、私はさっさと自分の研究室に戻った。

研究室のドアの前までくると、自動で私のバイオメカニクスデータを読み取り、自動でドアが開いた。ドア、ロックと声帯コントロールをし、ソファに寝転んだ。

研究室なので、来客は殆どないのでソファの必要性はないのだが、大学では理由があれば許される。日の当たらないソファと珈琲の混ざった匂いには慣れた。

幼学校の歴史の先生をまた、思い出す。やけに思い出すのは、彼女を思い出すきっかけがどこかにあったのだろうか。

ひと思考考えたが、思いつかない。

先程の警備員に呼び止められた原因は私の見た目だ。……私の見た目が8歳程度で止まっている。母が胎児の遺伝子矯正で、私を「不老」にデザインしたのだ。遺伝子矯正は不法ではないが、劣性遺伝子に矯正するのは禁止になっている。様々な組み合わせの優性で、この劣性とも言える「幼児のまま」を実現させたのは、ある天才エンジニアだったが、母の執着心のお陰でもある。

ああ、そうだ。理解した。

来週は娘の結婚式だ。その時にバージンロードを歩く時、花嫁に父親がつきそう。そういう習わしだ。だが、今のままではバージンロードを歩く娘に恥をかかせることになる。このことを考えたくなくて、私は机にかじりついて研究していたのだ。家で待っている妻の着信が携帯に入っているだろう。

妻はありのままの私を愛してくれた。娘も愛してくれてはいるが、それは父親だからだろう。こんな少年のままのジジイを見たとき、周囲の反応は初めて会った娘婿と同じ反動のはず。

嗚呼、憂鬱だ。結婚式が憂鬱だ。

大人になりたい。子供の私は願う。50年以上も願っている子供の願いだ。
ある朝起きて、背が伸びてないかと、顔のまるみが減ってこないかと、何度も確認した。

移植用の体を作って、遺伝子矯正で大人にし、私の脳を移すこと。ホログラムで合成した老いた私をバージンロードを歩かせること。代理を立ていること。バージンロードを歩かないこと。……色々考えたが、どれも却下を下した。

生まれたまま、ありのまま、……遺伝子矯正の時点でありのままはおかしいが、あの先生のように、ありのままで生きることを許されたい。

(不老なるもの……あるいは、教授の憂鬱)

ナイトウォーカー #1 不死なるもの

不死なるもの

常世のここは、とても生きにくくなった。
ほんの100年くらい前ならば、身分が不確かな人間でも居場所を得ることは簡単だった。

夜を歩けるナイトウォーカーなら1つくらい日常生活で使える特技がないと、本当にこの世の中、生き辛い!そう、私は心の中で文句をたれた。

でも、そんな文句も直ぐに胸の内から湧き上がる悲しみで消えてしまう。

「狩屋君、もう逝くの?」

私の若い手で握って「君付け」で呼びかけるには、老いてかさかさになってしまった手。最後まで顔を見たいと、畳の上に敷かれた布団の傍らに座って顔を見つめる。

狩屋君が何を言っているのかもうわからないが、何度も、何度も、口の端を震わせて、断続的な笑みを浮かべているのはわかった。

「もう、いいのよ、狩屋君。もういいの。
おやすみ。狩屋君」

手を握っていない方の手で、髪が殆どなくなった頭を撫でて、顔を寄せる。

年の差なんて関係ない、ましてや、肉体の年の差なんて。

「また大人になったら、探してね」

待っているから、と唇を合わせると、狩屋君がほっとした息を最後にして、
息を引き取った。

「まるで、人間ね」

ここにもう狩屋君がいないことを知っている私は、気持ちを切り替えようとしたが、
立ち上がることが出来なかった。

嗚呼、今だけは……嗚呼、今だけは

そう、感情に免罪符をつけて、彼のいなくなった体に縋り付いて目を閉じた。

まだ、暖かった。それが悲しかった。

彼の前では、別れている間は自分なりに楽しんでいるから平気なふりしていたけれど、
本当は寂しい。何度も、出会いと別れを繰り返しているが、一人ぼっちになるこの時間が寂しい。

不老不死である私は、常世で転生を繰り返す彼を待ち続ける日々。

この世はなんて生きにくくなった。

本当は、今、生まれた彼を探し出して、一緒に住みたい。

でも、そんなことをすれば、デイウォーカーの追ってが来る。

だから、合法的に彼と出会わなければならない。

 (永遠に一緒にいてね、永遠がないのは知っているけれど)

はじまりの挨拶

はじめまして、もしくはこんにちは、蒼城です。

別のHatena Blogにてエンジニアの豆珈琲と同一人物です。

mamecafe.hatenablog.com

 ブログで連載をするに至った経緯

小学校、中学校、高校、大学と……小説を書くことがとても好きで、執筆活動を精力的に行っていたのですが、学生時代のテスト期間と借りていた無料サーバーが停止したことにより、7年間書き溜めていた小説がぶっ飛んだことが原因でスランプになってしまいました。連載も最終局面を迎えていたので、ショックが多くテストでSをとっても嬉しくも何ともありませんでした。

今回、女流エンジニアブログで文章を書き続けていたところ、もう一度小説を書きたい!という思いが強くなりました。

しかし、また1本一気に書き上げる力は出ていないため、ブログで投稿をし、ある程度まとまってからどこか更に読みやすいサイトに投稿したいと思います。

最後に

これから、どのぐらいの付き合いになるかわかりませんが、よろしくお願いします。

目指すはベストセラー作家!二次創作物を作って貰える作家!

頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✑